タイの菜食週間   期間限定カップヌードルも販売

今週タイはキンジェーと呼ばれる菜食週間です。毎年太陰暦の9月1日から9日間、今年は10月9日~10月17日が菜食週間で、ベジタリアン・フェスティバルとも呼ばれ、肉や魚を 食べない菜食生活を送ります。

キンジェーを示す「齋」の黄色い旗やしるしを出している店や商品は、肉を使っていませんというサインで、普通肉が使われている料理では、肉のかわりに豆腐などが使われます。もともとは華僑の文化のようですが、タイではすっかり定着しています。

その期間中はただ菜食になればいいというものではなく、ニンニクやパクチーなどの匂いの強い野菜や酒なども口にしません。これを守ると体を清め願いが叶い心身共に健康になるといわれています。

しかし菜食週間でも厳格に菜食生活を送るタイ人は少ないでしょう。期間中、何度か菜食メニューを食べるというくらいのカジュアルなイベントです。期間中、菜食メニューに衣替えする屋台は、よく見かけますが、宗教的というよりはお祭りのノリです。
日本企業の日清もタイの習慣に合わせた、菜食週間限定のカップヌードルを毎年販売しています。肉のかわりにシイタケの出汁風味の、あっさり味になっていて、個人的には普段売っているカップヌードルより、こちらの方が好みです。タイ人的にはあっさり過ぎるのかもしれませんが、菜食週間限定でなく、年を通して売ってほしい商品です。

地域や人によっては宗教的な意味合いもある菜食週間ですが、イスラム教のラマダンほど厳格なものではなく、ハンバーガーショップも焼き肉屋も普通に営業しています。そのへんは細かいことはあまり気にしない、タイ人の良い意味でのマイペンライ気質を感じます。

関連記事

各国情報




提携団体


東京商工会議所
漢之光華

提携メディア

BizAiA!(ビザイア)

ページ上部へ戻る