スピード感 百聞は一見に如かず

先だって広州に行ってきました。

30年ぶりの広州です。1985年の夏、大学2年生の時、バックパッカーの旅をした時に来て以来です。

広州の変わりよう、どう表現したらいいのでしょうか?

広州タワーの美しさ

それを見渡す、金融街の先進性。

香港よりも清潔です、少なくとも私の感覚では。

飲茶も香港より断然美味しいです。

シンセンでは、今イルミネーションショーが毎日19時から15分、20時から15分、曜日により21時から15分

福田駅の近く、市民広場の辺りから一望できます。

鄧小平記念像の山から見渡すともっと綺麗とのこと。

この徹底した先進性、中国の力を感じます。

イメージだけが先行しがちな日系企業、海外の国や都市に対して、ややもすると一方的なイメージで決め付けてしまい

最終的に損な取引をすることになってしまったり、いい機会を逸してしまう、

そんな日系企業の取引を過去18年程度の中国東南アジアの経験で見てきました。

百聞は一見に如かず

ではないでしょうか?

そして大事なことは、このような状況に対してどのように対処していくのか、ということではないでしょうか?

私が僭越ながら進言させて頂きたいことは3つ

  1. 自分で見に行くこと(百聞は一見に如かず)
  2. 現地に駐在されている会計BIG4の先生と議論すること
  3. 現地に駐在されている日本人の弁護士の先生と議論すること

上記になります。

なぜなら

彼らは、日系の失敗例をたくさんご存知だからです。

でも、みなさん、どのように彼らと議論したらいいのかご存知でしょうか???

これが大事なのです。どのように話を進めて、どのように情報を引き出すのか????

みなさんは、どのようにされているでしょうか??

 

関連記事

各国情報




提携団体


東京商工会議所
漢之光華

提携メディア

BizAiA!(ビザイア)

ページ上部へ戻る